Dr.Aiss

Dr.Aiss では以下のような
お悩みをお抱えのみなさまのための
医学部進学 専門個別指導塾です。

※対象学年 小学3年生~6年生 / 中学1年生~3年生

こんなお悩抱えていませんか?

東京都 美容外科クリニック経営
男性医師 (42)

神奈川県 眼科クリニック経営
男性医師 (68)

ご安心ください。

Dr.Aissなら大学受験をしないで
医学部受験をかなえます。

1

学部受験をお考えのみなさまへ

お悩の通り、大学入試のなかでもめて
医学部受験難度増している

国公立大学医学部医学科の入学定員推移

・国公立大学の医学部医学科の入学定員推移は年々減少傾向
後期日程を廃止する大学が年々増加
・2020年度入試では福島県立医科大学、鳥取大学、広島大学が後期日程が廃止

国公立大学医学部を志望する受験生にとっては受験機会が減少

年1回のチャンスで受験をせざるを得ない側面では難易度は上がっている状況

主な私立大学医学部医学科の一般入試倍率

私立大学医学部医学科における一般入試倍率

このような高倍率の現状のうえ、全体の私立大学医学部への入学募集定員は国公立大学医学部と同様、一般入試の募集枠が68名減少し、現役生や1浪生への学生確保へ向かっている傾向に。

多浪生や再受験生の合格難易度は高くなっていると言わざるを得ない

国策による定員増加の終了で合格難易度が上がる?

日本の医師の数はOECDの中では非常に少なく、医師不足が深刻化されたことで、国は医学部の定員増加を認可

しかし、2033年には医師の数は約36万人となり、需給状態が均衡になることが予想されているため、医師の数の過剰を危惧し、定員増加の対策を見直しに。

2021年度の医学部入学者までは今までの状態が続いても、2022年度以降は不透明に。

今後も医学部定員が減少傾向にあると、
その分難易度は高くなる。

2

学部受験の現実

過酷化する医学部受験をお子さまは無事に
乗り越えることができるのか

多くのご家庭の医学部受験を意識し始める時期は
早期化傾向・多浪生の合格層が減少幅に

多浪生とは、2年以上浪人をしていることのことを指す。

理系最難関と言われる医学部受験生の中には多浪生も珍しくなく、何年も浪人を重ねている受験生が存在。

多浪生は現役生や1浪生と比較して、医学部受験に不利となる場合があるということを忘れてはいけない。

多浪してしまうような生徒は、基礎学力自体に問題を抱えていたり、普段から勉強に集中できていない可能性が高いとみなされやすく、長年の受験勉強の解放感からか留年してしまうことが散見されるため、面接試験では厳しい対応の傾向に。

これまでの医学部受験のオーソドックスな学習ルート

【医学部進学の実績のある難関進学校を目指す中学受験】

<小学3年~5年>

・本格的な中学受験のカリキュラムのスタート

・大手進学集団塾に通い毎月のクラス替えに向けた日々の対策に主な時間を費やす

・大手進学塾ではこの期間に個別の成績、志望校問わずに受験に必要な履修単元のインプットを終了する

<小学6年>

・小学4年~5年の期間に培った各科目の履修単元の知識をもとにした入試実践問題の対策授業を進行

・基本的には土曜・日曜も偏差値層別の対策講座を行う

【医学部進学に向けた一般入試による大学受験】

<中学1年~2年>

・医学部進学など難関大学に向けた大手集団塾に通塾

・学校・塾どちらもこの時期には中学履修はとうに終了し高校範囲の履修にも

<中学3年~高校1年>

・この時期には進学塾で対策している大学受験における必要な履修は終了

・受験に向けた対策は塾で行うため学校での学習は残っているものの関心は薄くなる

<高校2年~高校3年>

・学校の学習はほどほどに、残された高校生活すべての時間を大手進学塾での医学受験対策に費やす

狭き門である難関進学校や医学部受験に
チャレンジするお子様が抱えがちなリスク

リスク ①

精神的疲労

中学受験時、自分の明確な目的をもって受験をするという意識に達していない年齢にも関わらず、失敗は許されないプレッシャーの中で受験を戦うこととなり極度な精神的疲労を抱えてしまうことで起きるリスク

リスク ②

積み上げ思考の限界

無事、難関進学校に合格したとしても、さらに狭き門である大学医学部受験に向けた中学高校の6年間をさらに長期的なプレッシャーを抱えつづけながら過密なスケジュールに追い込まれ医者になる本来の目的を見失ってしまうリスク

3

ドクターアイズ

Dr.Aissとは?

ドクターアイズ

Dr.Aiss
現代医学部受験一石投じる
大学付属 医学部専門進学塾です。

なんとこれらはすべて大学付属校の生徒たちが叶えた
付属大学医学部への内部進学数です。

内部進学先に医学部を
設置している大学付属中学 ▼
  • 【 慶應義塾大学医学部 】
    ・慶應義塾中等部
    ・慶應義塾普通部
    ・慶應義塾湘南藤沢中等部
  • 【 東邦大学医学部 】
    ・駒場東邦中学校
    ・東邦大学付属東邦中学校
  • 【 帝京大学医学部 】
    ・帝京大学中学校
    ・帝京大学系属帝京中学校
    ・帝京八王子中学校
  • 【 東海大学医学部 】
    ・東海大学菅生高等学校中等部
    ・東海大学付属高輪台高等学校中等部
    ・東海大学付属浦安高等学校中等部
    ・東海大学付属相模高等学校中等部
  • 【 日本大学医学部 】
    ・日本大学中学校
    ・日本大学第一中学校
    ・日本大学第二中学校
    ・日本大学第三中学校
    ・日本大学豊山中学校
    ・日本大学豊山女子中学校
    ・日本大学藤沢中学校
    ・千葉日本大学第一中学校
    ・目黒日本大学中学校
  • 【 獨協医科大学 】
    ・獨協中学校
    ・獨協埼玉中学校
  • 【 日本医科大学医学部 】※指定校推薦制度
    ・早稲田実業学校中等部
  • 【 福岡大学医学部 】
    ・福岡大学附属大濠中学校
内部進学(推薦)先に医学部を
設置している大学付属高校 ▼
  • 【 慶應義塾大学医学部 】
    ・慶應義塾高等学校
    ・慶應義塾女子高等学校
    ・慶應義塾志木高等学校/慶應義塾
    ・湘南藤沢高等部/慶應義塾ニューヨーク学院
  • 【 東邦大学医学部 】
    ・東邦大学付属東邦高等学校
    ・駒場東邦高等学校
  • 【 近畿大学医学部 】
    ・近畿大学附属高等学校
    ・近畿大学附属新宮高等学校
    ・近畿大学附属豊岡高等学校
    ・近畿大学附属広島高等学校福山校
    ・近畿大学附属広島高等学校東広島校
    ・近畿大学泉州高等学校
  • 【 東海大学医学部 】
    ・東海大学付属静岡翔洋高等学校
    ・東海大学付属浦安高等学校
    ・東海大学付属相模高等学校
    ・東海大学付属高輪台高等学校
    ・東海大学付属大阪仰星高等学校
    ・東海大学付属熊本星翔高等学校
    ・東海大学付属諏訪高等学校
    ・東海大学付属札幌高等学校
    ・東海大学付属福岡高等学校
    ・東海大学付属市原望洋高等学校
    ・東海大学付属望星高等学校
  • 【 日本大学医学部 】
    ・日大高等学校
    ・日大桜丘
    ・日大鶴ケ丘
    ・日大豊山
    ・日大豊山女子
    ・日大山形
    ・日大東北
    ・日大習志野
    ・日大藤沢
    ・日大明誠
    ・日大三島
    ・日大一高
    ・千葉日大第一
    ・日大二高
    ・日大三高
    ・札幌日大
    ・土浦日大
    ・岩瀬日大
    ・佐野日大
    ・長野日大
    ・大垣日大
    ・長崎日大
    ・宮崎日大
  • 【 川崎医科大学医学部 】
    ・川崎医科大学附属高等学校
  • 【 福岡大学医学部 】
    ・福岡大学附属大濠高等学校
    ・福岡大学附属若葉高等学校
  • 【 獨協医科大学医学部 】
    ・獨協高等学校
    ・獨協埼玉高等学校
  • 【 帝京大学医学部 】
    ・帝京大学中学校高等学校
    ・帝京大学系属帝京高等学校
    ・帝京八王子高等学校
    ・帝京大学可児高等学校
    ・帝京安積高等学校
    ・帝京第三高等学校
    ・帝京第五高等学校
    ・帝京冨士高等学校
    ・帝京長岡高等学校
  • 【 久留米大学医学部 】
    ・久留米大学附設高等学校
  • 【 大阪医科薬科大学医学部 】
    ・高槻高等学校
  • 【 日本医科大学医学部 】※指定校推薦制度
    ・早稲田実業学校高等部
    ・早稲田大学高等学院
    ・早稲田大学本庄高等学院
  • 【 日本医科大学医学部 】
    ・郁文館高等学校
    ・洗足学園高等学校

Dr.Aissでは付属大学医学部への
これらの内部進学ルートを
現代医学部受験における最短ルートとし
長期的お子様の学習サポート提供します!

Dr.Aissが保護者様・お子様にあたえられるサポート

point.01

大学受験への
ストレスからの解放

まず、付属大学へ内部進学の切符を中学受験の時点でつかんでいることが非常に大きい。

その上、各付属大学医学部への内部進学もDr.Aissの学習マネジメントを継続することで対策可能。

一般入試での大学医学部受験と比較すれば、ゆとりをもったペースで医学部進学を掴むことができる。

point.02

安心感のある
一貫学習管理システム

医学部への内部進学制度のある大学付属校へ進学後も、各学校のシラバスから年間行事予定をすべて管理。

各定期考査への対策を担当のプロ講師が逆算し、あなただけの学習マネジメントをウィークリーの宿題管理表で計画実行。

調査書対策・面接対策など、多様化している各大学の医学部内部進学試験にも親身にサポートします。

point.03

大学付属校進学による
自由性の高さ

本来、オーソドックスな医学部受験というのは一般入試による大学受験が前提であった。

しかし、付属大学医学部への内部進学の学習フルサポートに特化したDr.Aissへ学習における対策を一本化することで、学校内の課外活動(部活や海外留学)にも積極的に参加することが可能。

最近では医療業界においてもホスピタリティに富んだ人物を求めている状況にあり、多角的な分野に触れておくことができることはメリットが高い。
中高における学習の対策をDr.Aissで一本化することで課外活動(部活や短期留学など)にも参加可能。

4

独自の医学部進学サポート

これまでの医学部受験へのルートとどう違うの??

中学受験・高校受験

大手進学塾に通うも難関進学校向けの
カリキュラムに
追いつくことに精いっぱいになり
受験後のことは度外視される

過酷な受験戦争を終えて待ち受けているのは、、

進学校からの医学部受験

学校のカリキュラムと併行して、塾や予備校では全く別のカリキュラムが存在することで負担が2倍に

それぞれの学習が混同することで解消しきれずに負担となりやすい

中高の6年間を勉強に捧げても
保証がない

医学部一般入試は年々過酷化精神的にも体力的にも重圧に追い込まれ多浪から抜け出せないケースが散見される

※ 某医学部専門予備校では浪人生であれば年に500万円以上の費用がかかることもあり、保証のない上に経済的負担も大きい

その結果、、

進学校から大学受験で医学部は
将来の不安が払拭されず、浪人リスクが高い
の医学部進学ルート

中学受験もしくは高校受験

「Dr.Aiss 完全個別指導×担当制学習マネジメント」
医学部設置のある大学付属中学・高校進学をフルサポート

さらにDr.Aissが大切にしていることとして
中学受験もしくは高校受験で志望校に合格することはもちろん、志望校進学後も学校内でのトップ層に位置させることで
付属大学医学部への内部進学の切符を確実に勝ち取らせます!

付属大学医学部への内部進学

「Dr.Aiss 完全個別指導×学校別学習マネジメント」
学校のカリキュラムに対し計画を立て、勉強面では
学校内考査の対策のみに学習を集中
医学部内部進学に必要な評定や基準をクリアしさえすれば
現役で安心してスムーズに医学部へ内部進学!

「課外活動を継続することが可能」
これまで医学部受験においては
当然のように塾や予備校に通う負担を考え、
部活動などの課外活動の継続をあきらめる必要がなく、
むしろ受験学年まで継続することが可能!

大学付属校から内部進学で医学部へ

将来への安心感があり、
低リスクの医学部進学サポート!

5

Dr.Aissの合格メソッド

Dr.Aissでは大切お子さま
充実したサポート
個別目的向けた対策指導
学習コーチング行います

Dr.Aiss完全個別指導による専門的な授業

「ダブルリピート指導法」「3本締め暗記法」
「AOラーニング」「未来合格体験記」

独自の指導方法で学力と
モチベーションを向上

【大手進学塾の指導法】

講師の説明と板書が同時並行

生徒は授業内容を理解をすることとノートを取ることの
2つの作業を同時行う事はまず難しく内容を整理できない。

【ダブルリピート指導法】

講師による初見の説明は
板書をせず授業内容の理解に
集中させて導入


授業内容を理解したことを確認し
ようやくここで生徒に板書させる
(ノートをオリジナルの参考書へ)
この流れがファーストアウトプット

授業でまとめたノート(オリジナルの参考書)をもとに
ご家庭でのフィードバック(会話)や宿題の演習を行うことで充実した復習に
この流れを行うことでアウトプットをダブルリピートすることにより、理解度
が向上します。

大学付属中学受験・大学医学部内部進学対策

【 Dr.Aiss 医学部内部進学体系カリキュラム 】

小学部(大学付属中学受験用)
中等/高等部(付属大学内部進学用)に分け
個別の志望校対策と各科目の履修スケジュールの
適正を図る体系カリキュラム

私立東邦大学付属東邦中学受験を目標とした
体系カリキュラム例

【 小学部(大学付属中学受験用)体系カリキュラムのポイント 】

体系的に国語・算数・理科・社会の基本単元の導入を進めつつ、志望校の出題傾向分析を「小学5年生の夏期」「小学6年生の春期」に集中して行うことで、早い段階でお子様自身に受験する志望校の入試傾向を落とし込みます。

東邦大学医学部医学科への内部進学を目標とした
体系カリキュラム例

【 中学・高等部(付属大学内部進学用)体系カリキュラムのポイント 】

進学する中学一貫校のシラバスや内部進学入試傾向をもとに、学校別の内部進学対策を体系的に各科目の単元導入時期を示すことで、各学期ごとの定期考査・内部実力テストの対策を綿密に行うことが可能です。

【 Dr.Aiss 宿題管理表(週間カリキュラム) 】

小学部(大学付属中学受験用)
中等/高等部(付属大学内部進学用)に分け
授業の復習をいつ・どこまで演習するか
見える化された週間カリキュラム

私立東邦大学付属東邦中学受験を目標とした宿題管理表例

【 Dr.Aiss 宿題管理表(週間カリキュラム)のポイント 】

小学部・中等部・高等部問わず、Dr.Aissでインプット・アウトプットを行い、理解を重ねた単元をさらに定着させるための復習をどこで行うか管理表で見える化することで、漏れのない学習を進めることが可能!

お約束いただいている保護者の役割

中学受験における大手進学塾では、

保護者様のがんばりが受験の成否を分けます
というセリフに象徴されるように、保護者様に責任転嫁する場面が散見されます。

(なかには保護者様自らに授業のフォローを要求する塾も存在)

Dr.Aissの考えは
「保護者様はお子様の応援団の一員」

保護者様が勉強に関わればお子さまを混乱させてしまい親子喧嘩に発展・著しいモチベーションの低下など、
お子さまが息抜きできない環境になってしまう恐れが多いのです。

Dr.Aissでは独自のメソッドで
学習状況を把握し管理
いたします!
お子様の学習管理はプロである
我々におまかせください!

6

格体験談

難関校へ見事合格を勝ち取ったお子さまの体験談

慶應義塾中等部に合格 N・S君の体験談

みなさん、こんにちは。

今回は皆さんに、中学受験に向けての心構えを伝えたいと思います。
実は僕は5年生の頃は大手集団塾に入っていたのですが、先生も参ってしまうような超問題児でした。
教室では友達とおしゃべりをして時間をつぶす、宿題は「忘れた」と言い訳してやって行かない。今思えば恥ずかしくなるようなことをしていました。

中学受験をすると口では言いつつも、本気で向き合っていなかったと思います。
そんな僕ですが、6年生の夏を機に変わることができました。
6年生の春、お父さんが大学付属校対策に特化した専門個別指導塾を見つけてきて、そこに転塾したことがきっかけでした。
そこで望月先生(社会科担当講師)から、「本気で中学受験をする」ということが一体どういうことなのかを教えていただきました。

最初の頃、僕は口ごたえばかりで、何度も先生に怒られました。
お父さんからも本気じゃないなら中学受験はやめなさいと言われました。
でも僕はやめませんでした。それにはいくつか理由があります。

よく考えると、僕は受験勉強というものは嫌い(特に暗記することは嫌い)でしたが、新しく知識を身に着けることそのものは嫌いではありませんでした。
だから、まだ学校で習ってない公式を使って解いたり、新しい本を読んだりする事は楽しかったので、それをモチベーションに頑張ることができました。

僕はサッカーが大好きで小学2年生からやってました。
だから慶應中等部が東京都大会で好成績を残す強豪であることを知り、何としても入りたいと「本気」で思うようになりました。

受験勉強が嫌いなので、なるべく1回で終えたいと思いました。
なので大学まで行ける学校に入りたいと思い、必死になることができました。

僕がとてもよかったと思うのは、「なぜ慶應を受験するのか」ということを、先生方と会話することで見つけることが出来たことです。
6年生の春から夏にかけては、勉強を頑張ったというより、「なぜ慶應を受験するのか」ということを問い詰めた3か月間だったと思います。

その時の成績は、とても慶應を狙えるようなものではありませんでしたが、本気の目標が定まり、本気で頑張ることが出来たので、合格することができたのだと思います。

担当講師からのコメント

担当講師 : 望月

夢を諦めない!
S君と私の二人三脚での受験勉強が始まりました。

担当講師 : 望月

私が担当したS君は、お父様の影響で将来医者になりたいという夢を叶えるために、当塾に入会しました。

S君は、大手進学塾の出身で、授業も進学校向けの勉強ばかりで、宿題等に追われて、復習することもできず、お母様が常に横に居ないと勉強ができない状況にまで陥っていました。

当然、S君自身のやる氣やモチベーションも下がり、笑顔の少ない子だなと思ったのが私の第一印象でした。
その時、私は、「何としてでもS君の夢を叶えてあげたい!」「この子の自信を取り戻してあげたい!」と思ったのを今でも忘れません。

そこから、私とS君の受験勉強がスタートしました。
私は、文系科目(国語・社会)を担当しました。
当初は、今までの通っていた塾のシステムと違っていたので、戸惑いもあったと思います。
しかし、S君は弱音を吐くことなく、一生懸命に私の課す内容を忠実に行ってくれました。

いよいよ受験日当日、S君はとてもこわばった表情で本当に合格できるのか不安だと私に吐露しましたので、
私は「S君は今まで誰よりも一生懸命に勉強してきたのだから、その力を信じなさい。信じた者には必ず結果が実を結ぶから!安心して行って来い!」とエールを送りました。

そして、合格発表当日、結果は見事、合格を勝ち取る事ができました。発表後に私に会いに来てくれて、「先生、合格する事出来たよ!今までありがとう!」その言葉だけでも嬉しかったですが、その後にS君が続けて私に「先生、僕がお医者さんになって、先生が病気で困ったことがあったら、必ず僕が診てあげるからね!」と言ってくれた言葉は今でも忘れません。涙が出ました。本当に嬉しかったですね。先生をしていて良かったと。

今、S君は中学3年生となり、来年は高校生になりますが、今でも当塾で勉強をしています。
それは、医学部の推薦を取って医者になるという夢を今でも追い続けているからです。その夢の一端を担う事ができて、本当に私は幸せ者です。

7

教室案内

住所

160-0004
東京都新宿区四谷1-8
HIRO四谷ビル 4F

TEL

03-6457-4165

FAX

03-6457-4167

アクセス

JR中央・総武線「四ツ谷駅」
四ツ谷口より徒歩1分
東京メトロ南北線「四ツ谷駅」
2出口より徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線「四ツ谷駅」
1出口より徒歩2分

個別カウンセリング・資料請求
お問い合わせフォーム

無料相談、入塾お問い合わせ、教室見学など
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ内容
必須
選択してください。
参加方法
必須
選択してください。

必須
この項目は必須です。

必須
この項目は必須です。

必須
選択してください。

必須
この項目は必須です。

必須
この項目は必須です。
お問い合わせ入力してください

必須
電話番号を正しく入力してください。

必須
メールアドレスを正しく入力してください。

必須
この項目は必須です。

必須
この項目は必須です。

任意

任意

申し込み内容の確認

内容をご確認の上、お間違いなければページ下部の「送信する」ボタンを押してください。
内容の修正する場合は「戻る」ボタンを押してください。













個人情報の取り扱いについて

お客様の個人情報は、学習塾事業における商品・サービス提供、これらに関する情報の案内、新商品・新サービスの検討および開発、または当社が第三者から広告宣伝等の委託を受けた商品・サービスの情報提供のために使用するものとします。

当社では個人情報保護管理責任者の設置、内部規程の策定等個人情報の管理を徹底しております。また、お客様の個人情報はデータベースにて管理しており、そのデータベースにアクセスできるのは、業務上必要な従業員に限定しております。

チェックしてください
戻る